小豆島いちご通信 7/26

小豆島いちご7/26

なかなか梅雨が明けませんね。

作業的には涼しくて良いのですが、いちごにとっては日照不足が心配です。

潅水量、液肥濃度、病害虫。いろんな事に気を配りながらの栽培管理が続いています。

小豆島いちご7/26根

7/7に挿した苗はもう立派な根が育っています!

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

小豆島いちご通信7/17 挿し苗完了。

小豆島いちご挿し苗完了7/17

昨日7/16に挿し苗20000本完了しました。

なかなか壮観です!

これから9月下旬の定植に向けて育苗が始まります。

「苗半作」と呼ばれるくらい苗の質がその年の出来に大きく影響してきます。

良い苗に仕上がるように努めてまりいます!

挿し苗10日経過

7/7挿しの苗はしっかり根を下ろして安心できるようになりました。もう萎れたりしません!

ただ、ずっと雨や曇天だったので、これからの急激な晴れ、高温にやや不安があります。

育苗 細霧

後半の苗がしっかり根を下ろすまで、もうしばらく付きっきりの管理が続きます。

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

小豆島いちご通信7/8 挿し苗始まりました。

挿し苗 水あげ

1回目の挿し苗(12000本)を行いました。

深く挿し過ぎると病気のリスクが高くなり、浅過ぎると根を下ろさずにそのまま枯れてしまう。

丁寧かつ、素早く。

挿した苗は1週間程度、根が少ないため非常に萎れやすくなります。

根が張るまでは、乾燥し過ぎないように、様子を見ながらミストを散布してやります。

同時に2回目の挿し苗に向けてランナーの切り離しを進めます。

 

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

小豆島いちご通信 7/1 ランナーの切り離し開始

小豆島いちご ナイアガラ育苗

出荷が終わり、圃場の片付け、育苗に向けての準備を終えて、少しだけ体を休めていました。

が、

ナイアガラ育苗が仕上がってきました。苗の数が確保される見通しがついてきたので、ランナーの切り離しを始めました。

小豆島いちご ランナー切り離し

切り離したランナーは、一本一本、葉数の調整や、病害虫のチェック、苗の大きさ事に選別していきます。

小豆島いちご 挿し苗準備

必要本数を確保できるまで、冷蔵庫に保管していきます。(当園では20000本予定)

全て終わるのは7月中旬の予定です。

育苗は何年経験してきても、ドキドキします。ちょっとした油断が壊滅的な被害に繋がります。

次作の出来にも大きく影響してきますので、これからは気の抜けない時期となります。

 

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

小豆島いちご通信 6/21

いちごの片付け

出荷が終わったら速やかに片付け作業です。

半年間お疲れ様と感謝を込めながら、折ったり、鎌で刈り取ったり。

いちごの片付け

1日~2日ほど乾燥させた後、ハウスの外へ運び出し。

培地に残った雑草や脇芽、泥芽を綺麗に除去、水分を調整しました。

ピートバッグの太陽熱消毒

その後、黒マルチで被覆をし太陽熱消毒をしていきます。

晴れた日で、土の温度が50℃くらいまで上がります。

これで培地に残った病害虫や悪い菌を消毒します。

小豆島いちご ナイアガラ育苗

育苗の様子です。だいぶランナーが伸びてナイアガラ育苗らしくなってきました。

切り離しまであと10日ほどです。現在、葉かぎを進めながら、悪い苗が混ざらないように生育の良くないランナーは除去するなど、良質な苗の確保のために選別しております。

 

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

出荷終了のお知らせ

11月中旬から始まった小豆島いちごの出荷も今週いっぱいでほぼ終了を迎えることになりました。

今期は、残暑の影響で年内の出荷の出遅れから始まり、コロナウイルスの影響で販売に苦慮する年となりましたが、JA、市場、仲卸、販売店等、ご関係者の皆様のご尽力のおかげで、乗り切ることができました。ありがとうございました。また小豆島のいちごを購入して頂いた消費者の皆様にも、心より感謝しております。ありがとうございました。

小豆島いちご部会は小豆島の中では大きな農業組織ではありますが、県、全国的にみると小さな組織です。小さいからこそできる臨機応変な対応。関係各所との強い連携。それらを強みとし、今後も邁進していきたいと思っております。

次年度産もどうぞよろしくお願い致します。

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

小豆島いちご通信 6/10 ナイアガラ育苗

ナイアガラ育苗6/10 ナイアガラ育苗6/10

こんにちは。

5月31日に梅雨入りしてから、ずっと晴れていたのですが、ようやく梅雨らしい天気に突入した小豆島です。

採苗用の圃場からはイチゴが綺麗になくなりました。

イチゴの果実に回していた栄養をすべて樹の方に回して、充実したランナーの発生、苗の成長を促しています。

写真のようにランナーがだいぶ伸びてきました。まだまだ短いのですが、これから床に着きそうなくらい伸ばしていきます。その様子がナイアガラの滝のように見えるので、ナイアガラ育苗と呼ばれています。

ナイアガラ育苗6/10

この部分を切り離して苗にしていきます。切り離しは7月に入ってからの予定です。

それまで病気や害虫に注意して、健康に育ってくれるように栽培管理していきます。

今シーズンのいちごの栽培は終わり間近ですが、来シーズンのいちごの栽培は始まっています。

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

小豆島いちご通信 5/30

小豆島のいちご

5月も残すところあと1日となりました。

イチゴの出荷も残り2週間から3週間となりました。

一粒一粒、傷や熟度を確認しながら丁寧に選別しております。

今朝収穫のいちごです。

味、品質ともに良い状態を維持できているように感じます。

ただ、イチゴにとっては、厳しい気候となってきました。

残りの期間も少しでも良い状態でお届けできるように努めていきます。

収穫は続いておりますが、こちらの圃場は次シーズンの育苗に向けた栽培管理となっています。

5月上旬から徹底して脇芽を整理し、次の花は除去しているので、今ぶら下がっているイチゴが最後となります。

これからランナーを伸ばしていき、ナイアガラ育苗が始まります。

皆様、イチゴシーズンもお話ししたようにあと2~3週間。

今、お店に出回るイチゴは価格もお手頃なものが多くなっていると思います。

そのまま食べるもよし、冷凍しておくもよし、ジャムにしてもよし。

是非、最後のイチゴをお楽しみ下さい。

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry

小豆島いちご通信 4/21

小豆島のいちごの出荷も残り2ヶ月を切りました!

現在5番花のピークを迎えています。

6番花の摘花も始まっているので、今後も安定した出荷が続きそうです。

4月は比較的気温も低く推移しています。

いちごにとってはこの冷え込みが良い仕事をしてくれそうです。

さぁ、イチゴ栽培も後半戦!

コロナで暗い雰囲気の世間ですが、私たちにできることを精一杯やっていきたいと思います!

小豆島いちご通信 4/9

小豆島は現在、桜満開。見ごろを迎えております。

が、やはり新型コロナウイルスの影響で花見で宴会とはいかない空気感があります。

生産者もJA職員も感染しないように細心の注意を払って日々の作業に努めております。

さて、現在のいちご畑の様子です。

4番花も終盤を迎えております。小粒が増えておりますが、早い5番花がパラパラと穫れてきました。4月の中旬から下旬頭くらいから5番花が中心に切り替わってくると予想しております。

販売の面でも新型コロナウイルスの影響は出ており、例年通りの出荷は厳しい状況になっておりますが、私たちにできることは健康に気を付けて、日々の作業に努め、美味しいイチゴを皆様のもとへ届け続けること。

一日も早くこの事態が終息し、平穏な生活を取り戻せるよう心から願っております。

#小豆島 #豊島 #女峰 #小豆島のいちご #いちご #イチゴ #苺 #農業 #strawberry